22 Jul東京で会社設立したいなら相談にのってもらおう

東京で会社設立したいなら相談にのってもらおう

会社を作るときの条件は、誰でも簡単にクリアできることがわかりましたが、書類上の手続きとかが大変そうですよね。
そういう書類手続き関係だけでもやってくれるところはないものかと探していたら、会社設立の代行サービスをしてくれるところが、東京にはたくさんあるみたいで、安心しました。
そりゃそうですよね。
一般人でそんなのすんなりできる人なんて、いないですものね。
会社設立代行サービスのサイトを見てみると、会社設立の手順が詳しく説明されていて、また、先ほどの、株式会社、合同会社、個人事業主のそれぞれのメリットやデメリットなんかもわかりやすく紹介されています。
なるほど?最近は合同会社が人気なのね。
とか、いろいろ勉強になります。
こんな心強い味方がいるのだったら、ど素人主婦でも安心して東京で会社をおこせそうな気がしてきました。
フフフ、実はひそかにあたためているアイディアもあることだし、ここらで一歩踏み出してみようかな、私!

22 Jul東京で簡単に会社設立できるってホント?

東京で簡単に会社設立できるってホント?

この間ママ友と話していたら、会社って誰でも簡単に作れるんだって、という話になりました。
主婦で会社おこして稼いでる人けっこういるらしいよ、と。
たしかに、東京という大都会に住んでいると、ビジネスチャンスはいくらでも転がっているなとは思います。
こんなので商売できるんじゃないか、とか、いろいろ考えるのは好きな方です。
じゃあ自分で会社設立?そんなの無理無理。
と思っていたのですが、先ほどのママ友の「誰でも簡単に」という言葉にのせられて、ちょっと調べてみるか、という気になりました。
まず、会社を立ち上げる際の形態として、株式会社、合同会社、個人事業主、という三つがあるそうです。
会社設立未経験の一主婦としては、株式会社なんてハードルが高そうだし、合同会社ってなんぞや?なので、個人事業主から始めるのが無難な気がするけどどうなんだろう。
と、もうこの時点ですでに、東京で起業家になる夢がふくらんでいる私。
はたしてその夢は実現できるのでしょうか。

会社法改正で、東京で会社設立を目指す人にビジネスチャンスが!

どうしたら東京で会社が作れるのか調べていると、会社法の改正という言葉をあちこちで見かけます。
どうやらこれが、「誰でも簡単に会社を作れる」ようにさせた立役者のようです。
2006年(平成18年)に改正されて新たに作られたこの法律。
ねらいは、ビジネスチャンスを広げることで、より多くの人に起業にチャレンジしてもらい、雇用を増やし、経済を活性化させる、というものです。
これにより、会社設立の条件がぐっと引き下がって、それこそ誰でも簡単に会社が作れるようになったのです。
東京で会社設立する準備をする
この法律が改正される前は、条件が厳しく、そこらへんの主婦がちょっと挑戦してみるには、なかなか難しい状況でした。
ですので、今は誰にでも、それこそ東京で起業を夢見る主婦にでも、そのチャンスはいくらでもあるということです。
じゃあ具体的に何から始めればいいの?誰かに相談して手順を教えてもらいたい、と思って調べると、会社設立をお手伝いしてくれるところがちゃんとあるみたいです。

22 Jul賃貸オフィス紹介サービスの提供方法をさぐる

賃貸オフィス紹介サービスの提供方法をさぐる

当たり前と言えば当たり前なのですが、ヒアリングといっても友人が何社もの不動産会社とやり取りをしていかないといけないわけで、これを効率よく進める方法はないかと検索してみました。
すると、ありました!顧客が条件だけを入力しておけば、その情報をもとに不動産会社が条件に合った賃貸オフィスを探して、提供してくれるサービス。
これであれば、遠方にいて多忙な友人でもできるっ、ということで、さっそくこの賃貸オフィスの探し方を友人に提案してみようと思います。
ネットが普及して便利な時代になりましたが、それをどう上手く活用するかという大切さをこの一件でも感じました。
友人は、自分のイメージをこの検索サイトで入力をし、不動産会社から提供されてくる情報をもとに、方向性の修正を含めながら都内に事務所を開く計画が少しずつ前進することでしょう。
賃貸オフィス探しの一つの手段として、この紹介サービスを利用しない手はないと心底思います。

22 Jul希望にあった賃貸オフィス探しってどうすればいい?

希望にあった賃貸オフィス探しってどうすればいい?

そこで私は考えました。
素人がいくら頑張っても賃貸オフィスをそう簡単に探せるものではないので、良い不動産会社を探して友人に紹介するしかないと。
不動産サイトを検索すると、もちろん情報はあるのですが、分かったのは、やはり物件探しのためのヒアリングを不動産会社が顧客にするところからスタートすることでした。
希望のエリアから始まり、予算や、事務所を開くタイミング、天井の高さ、ビルのグレード、収容人数、耐震設計、トイレの設置状態などなど。
個人の住まいよりもシビアに考える必要がある項目が山積しています。
それはそうです。
成功する事業を展開していかなければならないのですから。
不動産会社はこのもろもろのヒアリングをしたのちに、適正な坪数を算出し、物件の抽出をし、顧客に提案資料を作成するという段階を踏んでいくのです。
賃貸オフィスを探すための第一歩を踏むまでのプロセスがあまりにも膨大で事務所を開くことの大変さを改めて感じることになりました。

22 Jul賃貸オフィス探しを依頼されちゃった

賃貸オフィス探しを依頼されちゃった

地方に住む友人から、東京都内にも事務所を構えたいので賃貸オフィスを適当に見積もってほしいという依頼が入りました。
東京にあまり詳しくない友人なので、都内に住む私に頼むのが妥当だろうと判断したようです。
私も、自分の住まい探しは何度も経験しているので、気軽に引き受けたのですが、これが思ったよりも大変であることが判明しました・・・。
友人は、とりあえず東京の賃貸オフィス事情を知りたいようですが、これはあまりにも漠然としてます。
個人の部屋探しでも、賃料や部屋の広さ、場所、近所の環境、部屋のレイアウト、窓からの光の入り方、キッチンの広さ、など個々人の希望があった上での部屋探しとなります。
賃貸オフィスを借りて事務所移転する
これが、賃貸オフィスとなると、ただ住むのとはわけが違います。
依頼者の希望をかなりヒアリングしないといけませんし、その土地のリサーチがかかせないことは明らかです。
これは大変なことを引き受けてしまったと、依頼を受けた後の早い段階で判明してしまいました。

20 Julやっぱり見てみたい!念仏宗総本山無量壽寺の三尊

やっぱり見てみたい!念仏宗総本山無量壽寺の三尊

日本の寺院には檀家制度が根強く残っており、そのさまざまな宗派の読経を中心に、法事が営まれています。
無宗教の一般市民にとって、読経を聞く機会はそれこそ近親者のお葬式や法事、たまたま訪れた寺院で、修行や定時の読経に遭遇した時に限られるのではないでしょうか?私は真言密教や禅宗の荘厳な読経には常に感銘を受けています。
また念仏宗総本山無量壽寺に限らず、訪れた寺院の本尊には常に強い興味を抱いています。
もちろん個人的に好きな仏像が何体かあり、写真に収めることは不可能でも、何かしらのパンフレットや葉書など大切に持ち帰り、ことあるごとにそっと拝んでいたりします。
ただ、それらの仏像に共通して言えることは、建立されてから長い年月を経た、国宝級のとんでもない価値がある仏像が多いこと、というより新しい仏像自体にお目にかかったことが皆無に等しいような気がします。
念仏宗総本山無量壽寺は、阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩の阿弥陀三尊を本尊としているようです。
参拝を検討するにあたって、施設への強い興味と同時に、その本堂に収められている中国の人間国宝仏師作の三尊をぜひ拝見したい。
そして自身がその新しい仏像に対してどのような印象を持つのかも大いに関心があるわけです。

20 Jul観光寺院ではないので拝観料はとらない念仏宗総本山無量壽寺

観光寺院ではないので拝観料はとらない念仏宗総本山無量壽寺

古都鎌倉に育ち、神社仏閣が幼いころから身近なものであった私は、年に何回かは鎌倉を訪れ、好きな神社仏閣に参拝し、その国宝クラスの仏像に毎度感動し、癒されるどちらかといえば仏像好きがあいまって各地の神社仏閣を訪れています。
特定の宗教を信ずるわけでもなく、無宗教に近く、ただ仏教という大きな括りが自身にはもっとも身近な宗教だという程度のこと。
念仏宗という宗派はこれまで知りませんでした。
日本の仏教の諸派のどういった系統にあるのか?興味がありましたが、日本の仏教の流れや宗派を説明するサイトの中に念仏宗は宗派として取り上げられておらず、開祖の出自は高野山金剛峰寺らしいこと、であれば真言宗に近いのかしらん?とも考えましたが、どうやらそうでもなく、釈迦の原点に戻り、念仏を拠所とするものが念仏宗らしいこと、開宗から30年足らずの新興の宗派であるらしいことがわかりました。
経典は一切経・・・とありますが、どうやら釈迦直接の仏説以外の近世の経典は事実上否定しているようです。
また、一切の営利事業は行わず、念仏宗総本山無量壽寺も観光寺院ではないので拝観料はとらないとの、本来の宗教活動に徹底している印象を受けました。

20 Jul敷地55万坪という念仏宗総本山無量壽寺に興味津々

敷地55万坪という念仏宗総本山無量壽寺に興味津々

この秋、関西方面を旅するにあたって、どこか行ったことのない神社仏閣を拝観できないかと調べていてどうやらすごいお寺があるらしいとヒットしたのが念仏宗総本山無量壽寺でした。
何がすごいって敷地総面積45万坪・・・ということは東京ドーム32個弱の面積を誇り、スーパーゼネコン2社が7年の工期を経て平成20年7月に落慶した寺院だとのこと。
兵庫県加東市、神戸からも1時間ほどのアクセスですが、観光協会のホームページには載っておらず、情報のすべては口コミと念仏宗のホームページからのみ。
念仏宗に救われたい
寺院案内のいうページを見て、その贅を尽くし、これだけの規模の伽藍建造物のすべてが、現代の技術で建てられていることに驚きと感動さえ覚えました。
建造物とその仕様は日本古来の仏教文化にとどまらず、中国、韓国伝統の仏教文化を再現したものがあり、両国のいわゆる人間国宝の仏像や彩色が施されており、さながら仏教の博物館的な寺院なのでは?と、強い興味をひかれ、少し調べてみることにしました。

20 Julパンフレットから食事まで!様々なデザイン

パンフレットから食事まで!様々なデザイン

現代では、多種多様なデザインが、いろんな場所で使われています。
本やパンフレットではもちろん重要となってきますよね。
表紙を見て、読者はどんな内容なのかをイメージします。
「この本は面白そうだな」「つまらなそうかも」というような印象は、表紙だけでもかなり左右されてしまうのです。
印象を左右するデザインは、人を惹きつけるようなものであればもちろん効果的ですよね。
たとえば、料理においても重要なんです。
「おいしそうに見える盛り付け」ってありますよね。
見た目で料理の味が変わることなんてない、と思われるかもしれませんが、見た目による印象は食欲を増進させることもあります。
他にも、建築、洋服にネイルというように、デザインは様々な場所で重要視されています。
人の気持ちを左右させるものですから、会社の顔となるようなパンフレットやホームページでは、プロの方にデザインを依頼する会社も多いようです。
やっぱり印象は大事ですね。

20 Julデザイン性の高いパンフレットを作るには

デザイン性の高いパンフレットを作るには

デザイン性の高いパンフレットを作製するにおいて、いくつかの重要なポイントを紹介します。
まずは、人に読んでもらうことが大前提ですので、見やすいものであることは当たり前です。
誰に、何のために、何を伝えるのかといった作成目的を明確にしてから具体的な色や書体などを決めていきましょう。
レイアウトや配色デザインは重要なポイントです。
読みにくい配色やデザインであったりすると、読み手は読む意欲を失ってしまいますよね。
また、ありきたりなものですとパンフレットの内容の印象も薄くなってしまいます。
そのため、全体のカラーイメージや基本カラーを統一することによって、全体の印象がしっかりと引き締められます。
また、書体やフォントサイズというように、文字も重要。
読み手が読みやすいかを考慮しながらレイアウトしましょう。
配色やフォントなどについてはプロの意見をもらうと良いものが作れます。
このような様々な要素のバランスがとれて初めて、よいパンフレットのデザインが生まれるのです。