10 Jun関東学院高等学校の学校生活

関東学院高等学校の学校生活

関東学院高等学校の学校生活について、簡単にご説明します。
関東学院高等学校では、英語や数学、国語、理科、社会、美術、技術、家庭、保健体育、音楽の他に、聖書という授業が入っています。
聖書の授業では、神が人の命を造ったことや、人の大切さを学びます。
聖書というと、難解な本だと思われがちですが、生きるべきことや命の大切さなどが、書かれています。
全ての人に対するメッセージでもあります。
関東学院高等学校では、6年間かけて、神様に造られた命の大切さを、体系的に学んでいきます。
他者も自分も同じ価値であることも教えてくれる授業です。
また、英語の授業では、話すことや聞くこと、読むことや書くこと、それぞれをバランスよく身につけていきます。
基礎をつけることで、生きた英語を養うことができます。
また、ネイティブな先生と英会話の練習をすることで、英語に強くなれます。

また、社会の授業では、社会の一員としての必要な基礎的な知識を学びます。
このように、関東学院高等学校では、社会で求められる判断力や思考力を身に付けることを目的として授業を行っています。

Comments are closed.