21 Jun気になる関東学院高等学校

気になる関東学院高等学校

関東学院といえばラクビー部というイメージを持たれることも多いのではないでしょうか?このたび知人のお子さんが関東学院高等学校に入学することになり、中等学校からの一貫校だという話を聞いて興味を持ちました。
まだ少し先の話なのですが、私の息子も中学受験をしようか検討中で、資料を取り寄せたり、情報を集めています。
受験は親子一体で乗り越える人生の山場の一つでもあるので、後悔ないよう出来ることはしておきたいと思っています。
そこで色々、調べているうちに中高一貫校が良いなと思うようになりました。
その理由はさまざまですが、理由の一つとして中高一貫校は、中学生のうちから高校の履修内容を授業で教えてくれるケースが多く、大学を受験するにもスタートダッシュが早いと言えます。
ましてや息子が大学受験をする時にはセンター試験がなくなることは決まっています。
代わり高校に在籍時から数回受けられる学力テスト形式なるかもという記事読んだことがあったので、早めに対策が出来る関東学院高等学校のような一貫校は有利だと思っています。

関東学院高等学校の歴史の重み

友人の話を聞いてから関東学院高等学校のことをもう少し調べてみました。
関東学院高等学校の歴史は古く、横浜パプテスト神学校が起源で明治17年に設立されたそうです。
横浜といえば歴史と伝統の街。
異国情緒ただよう古い町並みには歴史の重みを感じます。
その地にふさわしい伝統のある高校なのだなと思いました。
キリスト教の教えを取り入れ、授業の中でも聖書を学びます。
古くから伝えられた教えには普遍的な叡智がたくさん詰まっていると感じています。
私も大学時代の恩師に一度、聖書を読むことを勧められたのですが、言葉の意味が難しいところがあったり、読むのにボリュームもあったので断念しました。
そういった教えを少しづつ、日常の中で学べるのは貴重だなと思いました。
学校は勉強だけでなく総合的に人間力を高める場でもあります。
人格が作られている年代だからこそ学校の理念や教育方針は大切です。
関東学院高等学校は、当時の建学の精神、「人になれ、奉仕せよ」のことばとともに、社会に貢献する人を育てることを基本姿勢としており、礼拝から1日をスタートさせています。

私も通いたくなる関東学院高等学校

関東学院高等学校について調べているうちに、息子が行くにもかかわらず、自分も行くようなワクワクした気持ちになりました。
宿泊旅行も毎年あり、国内から海外までなんとも楽しそう。
部活も充実していて息子はどんな中学、高校生活を送るのだろうかと色々想像してしまいます。
関東学院で面白いなと思ったのはカウンセリングセンターがあること。
最近、心を病んでしまう子供達のニュースを見ることも多いですが、このカウンセリングセンターは、さきがけて1960年に開設されており、生徒が専門的な訓練を受けたカウンセラーに相談することが出来ます。
男女2名とあるので、異性だと相談しづらいこと、またはその逆もあると思いますので、それぞれいるのはいいなと思いました。
私も中学の時、人に言えない悩みをカウンセラーに相談したことがありました。
その時に、聞いてもらうだけで気持ちがとても楽になったことを思い出します。
親や友人に言えない悩みもあります。
そんな時のサポートとして、こういった場所があるのは良いなと思いました。

色々総合的に考えて中学と高校が一貫しているのは魅力的です。
高校受験を省くことで、その分、勉強の基礎固めがしっかり出来ますし、人としての成長、将来の夢や目標を見つける時間のゆとりが出来ます。
関東学院高等学校にお子さんが通っている知人にあらためて詳しく聞いてみようと思っています。

Comments are closed.