20 Jul読み手に優しいデザインのパンフレットとは

読み手に優しいデザインのパンフレットとは

パンフレットとは、装丁などによって製本がされていない冊子のことをいいますが、重視されるものがそのデザイン。
冊子の第一印象を決めるデザインによって、冊子の中身に興味が出るかどうかが決まってくるものです。
パンフレットにおいては、両面に印刷された1枚の紙を真ん中で折ったり、複数回折って折りたたんだりするものや、何枚かを本のように綴じて中綴じ冊子のようにするものなど、様々な種類があります。
中身をどういった構成にするかによって種類を変えるのも、良いパンフレット作りのためには重要。

そして、中身に沿った表紙のデザインというのがやはり大切になってきます。
例えば、介護に関するものをつくるといった時に、派手な色を使用したものであると、少し違和感を感じませんか?介護の安心感を表現するためにやわらかい雰囲気を出すことができれば良いので、暖色系で、かつ穏やかな色合いのデザインであれば、読み手側に安心感を与えることができるパンフレットになります。

Comments are closed.