20 Aug社内に溜まった文書保管に頭を悩ませていました

社内に溜まった文書保管に頭を悩ませていました

今は情報社会で、情報を電子ベースで保管したり管理したりするのが当たり前になっていますが、それでもやはり紙媒体で書類や文書を保管したり管理したりすることは完全にはなくなっていません。
私が所属している会社でも、日々書類や文書が新しく発行されるため、常に書類および文書の保管が必要になっています。
ですが私の会社は都内のアパートの一室を借りて事務所を構えているため、とても文書保管できるようなスペースがないのです。
なのであちこちに書類や文書の山ができあがり、私の作業場所なども、日々発生する文書に徐々に浸食され、押しつぶされそうになっていました。
私は正直、これではとても仕事にならないと思っていました。
なんとかうまく文書保管する方法を考えないと、近いうちに私の机が完全に文書で埋まってしまう。
しかし、文書保管する方法など、そんなにパッと簡単に思いつくものではありません。
せいぜい空いている僅かなスペースを工面して、どうにか文書を置くスペースを確保するというのが関の山でした。

文書保管してくれるサービスがあるのを知りました

日々発生する書類や文書の保管をどうするか、私はさんざん頭を悩ませた末、私が勤めている会社とは別の会社でサラリーマンをしている友人に相談することにしました。
すると友人は、とある文書保管サービスを利用して社内の書類や文書を保管するのがおすすめだと教えてくれました。
なんでもそのようなサービスを利用すれば、紙媒体の書類や文書の保存スペースの確保に頭を悩ませることがなくなるし、どんな書類でも簡単に管理することができて便利だということなんです。
私はその話を聞いて、びっくりしました。
世の中にはこんな便利なサービスがあるんだなあと、目から鱗が落ちるほどでした。
私はその話を聞いた次の日、さっそく会社の社長に相談し、文書保管のサービスを利用してみることを提案しました。
すると社長も文書保管に頭を悩ませていたためかあっさり了承してくださり、無事社内にある書類や文書の保管を代行してもらうことになりました。
これで安心して業務に専念できるのでホッと一安心です。

文書保管だけでなく廃棄も万全

文書保管サービスを利用し始めてから、目に見えて仕事がはかどるようになりました。
なぜかというと、これまでは新しく書類や文書が発生した場合、いちいち保管場所を自分で考えなくてはならない一手間があったからです。
しかし今ではそれがなくなり、気兼ねなく文書作成をすることができます。
また、文書の保管だけでなく、廃棄に関してもこれまで以上に万全の態勢になりました。
これまで私の会社では、廃棄対象の書類や保存期間の過ぎた文書などはいちいちシュレッダーにかけて処理していたため、非常に手間暇かけて廃棄処理していました。
しかし現在は、文書保管サービスを行っている企業に文書の大量廃棄を依頼するようになったため、楽に文書の廃棄ができるようになりました。
文書保管は大事な要、徹底していますか
しかも私達が利用している廃棄代行サービスでは、文書を溶解して廃棄するためシュレッダーよりも安全確実に文書廃棄することができます。
文書保管に文書廃棄と、自社のみでやらずに代行してやってもらうようになって本当によかったです。

Comments are closed.