15 Sep航空関連事業でキャリムエンジニアリングが担う空輸の安全

航空関連事業でキャリムエンジニアリングが担う空輸の安全

航空関連事業には飛行機で荷物や特殊な機械類を運搬・輸送する他に、キャリムエンジニアリングが担っている空輸の安全に関わる業務もたくさんあります。
輸入通関業務がその一つで国内外問わず特殊機材を使用して運搬・輸送された精密機械や装置などを納入し、技術を持ったキャリムエンジニアリングの作業員が組立て・復元作業を行います。
精密機械や装置は寸分の狂いなく組立て・復元をしなくてはいけませんので、場合によって海外や国内メーカーの技術者とキャリムエンジニアリングの技術者や作業員が連携して作業を行います。
人工衛星の運搬輸送の際は、衛星本体と周辺機器や関連・支援機材も同時に一括して運びますので、特殊輸送車輌で慎重に輸送し納入作業も行います。
精密機器の結晶ともいえる人工衛星や周辺機材は運行中の振動や衝撃に対してデリケートに扱う必要がありますので、キャリムエンジニアリングのスタッフが最適な輸送環境を常にモニター管理しています。

Comments are closed.