06 Oct生産の基盤を支える日本ロール製造

生産の基盤を支える日本ロール製造

日本ロール製造では合成皮革や建材などプラスチックや混合ゴム等を生産する機械ロール事業部、そして上水道や下水道で用いられる硬質塩化ビニル管や付属品等を生産するパイプ事業部の2つを通じて、社会基盤をなすインフラや各種製品の原料の生産を主として行っています。
特に水道事業に用いられるパイプに関しては強度や衛生面において求められる品質も高く、日本ロール製造ではより安全で丈夫なパイプ生産を目指して数々の規格に適った高品質なパイプの製造を行っております。
同じ製品をただ作り続けるのではなく、様々なニーズを満たす高品質な製品を安定して供給できるよう、経験豊富なスタッフを工場に配し、加工機械の稼働・メンテナンスを徹底しています。
需要の高い、プラスチックの加工機械メーカーとして知られる日本ロール製造は国内の生産だけでなく、海外への加工機械販売も積極的に行っており、その規模はアメリカや東南アジアなど広域にわたります。

日本ロール製造の熟練スタッフと加工機械が生み出す数々の製品

プラスチックやゴム、塩化ビニル管など素材の加工において最も欠かすことができないのが、熟練スタッフの存在です。
日本ロール製造は数多くの加工機械を有しており、その稼働、メンテナンスにおいては少しの妥協も許さず、徹底管理をしています。
高品質な製品を安定して供給することをモットーとするのが日本ロール製造であり、現状に甘んじることなく、新製品の開発に励んでいます。
こうして生産される建材やタイヤ、配管などはすべて高品質であり、社会の基盤を支える陰の立役者として活躍しており、今後もゴムやプラスチック、そして鋼鉄はもとより新素材分野への開発にも惜しみなく尽力し、社会貢献を目指しています。
日本ロール製造へ就職する
工場設備を通じて「技術を売る企業」としての責務を果たすべく、日本ロール製造の活動は国内にとどまることはありません。
海外への加工機械輸出によって国外の生産基盤を支える一翼を担い、グローバルな活動を持って経済発展の寄与に努めています。

Comments are closed.