07 Oct東京での霊園内でのタイプ

東京での霊園内でのタイプ

どんな風に死んだ後に、自分の遺骨を扱って欲しいかを前もって考えておられる方が年々増えてきている。

どんな霊園が良いか、どんなお墓や記念碑が良いかの希望を家族に伝えておく方が増えている。

親のそのような希望を聞くのは家族にとってあまり気持ちがいいものではないが、いざ亡くなった時には残された家族は助かると感じるようだ。

東京都内には8か所の霊園があるが、一般埋葬と呼ばれる区画割りされた土地を貸し付けるタイプと、芝生埋葬と呼ばれる平坦地に等間隔に埋葬施設を配置したタイプ、壁型埋葬と呼ばれる雑木林や芝生広場の土地を有効活用するタイプ、合葬埋葬と呼ばれる一つのお墓に多くの遺骨を共同埋葬する施設、立体埋葬と呼ばれる一般埋葬と合葬埋葬の両方のメリットをもったタイプがある。

さらに樹林墓地、樹木墓地と呼ばれる施設もある。

東京都内の霊園には様々のタイプの施設があるので、どのような埋葬をされるか考える必要があると言える。

Comments are closed.