09 Marインドがポールダンスの発祥地

インドがポールダンスの発祥地

ポールが運動として取り入れられたのは、800年以上もの長い歴史を持っている、インドで伝統的に行われているスポーツが、最も古いものと認識されています。
それはインドのレスリングの練習をする時に、頻繁に行われていたトレーニングがさらに進化した、器械体操の仲間の一つだと言われています。
その時は高さは2.6メートルで、木で作られたポールを使いますので、現在のポールダンスに使うものとは少し形状が異なるようです。
しかし、これがポールダンスの始まりだと伝えられています。
今ではダンスや体操のカテゴリーに含まれるのに、昔は驚くことに、レスリングのトレーニングの一環にされていたようです。
しかしポールダンスでは全身を一度に鍛えられるの、同じく全身の筋肉が必要になるレスリングのトレーニングに最適と言えるかもしれません。
今そのようなスポーツを体験していて、さらに効率良く身体を鍛え上げたい人は。
ポールダンスの動きを取り入れるといいでしょう。

Comments are closed.